ローンを組んで中古マンション買うと…

私が住宅ローンを組んで感じた事をお伝えします。去年、リノベーション済の中古マンション(旧耐震基準)を念願かなって購入しました。35年ローンで共働きなので夫婦ペアローンで組みお互いが負担の無いようにしました。今現在世の中の市況は低金利ですし、ひと昔前とは違って審査は厳しいですが比較的スムーズにローンも組みました。現在、月々ローンの支払いをしながら、夫婦お互いに貯蓄も無理なく行えるようにやりくりしてきました。ですが、つい先日マンションの総会で「10数年に一度の大規模修繕」といういわゆる工事が行われることになり家計は一変しそうです。私が住んでいるマンションは世帯数が少なく、もともと管理費と修繕積立金も2万円台後半で割高でした。ですが、その分管理も行き届いており築年は古いですがストレスなく住んでいました。ここにきて、少ない世帯数で大規模修繕を賄う負担感を感じました。今までの管理費等にプラスし、合計4万円超えの管理費修繕積立を今後5年かけて行うことの理事会で決まったのです。これには唖然。せっかくの貯蓄分が取り崩されることを思うと家計切迫。せっかくのリノベーションマンションでも予想だにしない月々のランニングコストが高ければ暮らしていけません。仮に、夫婦どちらかが働けなくなり、収入が途絶えるとその時点で家計が火の車。いわゆるローン地獄になってしまうということ。これから、中古を買ってリノベーションする方へ予算は余裕を持った方が良いです。部屋のリノベーションにばかり気がいってしまいそうですが、建物自体も相当な修繕コストかかりますから、必ず購入前に以前行われた修繕についていくらコストがかかって、その部屋に以前に住んでいた方がいくら払っていたか確認することをおすすめします。http://cashing-college.net/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html

男女の出会いは乗り気じゃないところからやってくることもある?

 男女の出会いは乗り気じゃないところからやって来ることもあるらしい。なぜなのかはわからないけど私の知人友人はわりとそういうのが多かったようです。
 まず一人はパーティーに参加していて嫌いなタイプのおじさまがいたそうです。その人が「君に男性をするよー」と言っていて、”いやだなーこの人。すごい太ってるし外見微妙”くらいにしか思っていなかったのですが、「あー、ありがとうございます」と適当に返事をしていたのだそう。そしてパーティで知り合った男性(いずれ旦那さんになる人)と出会ってもその場は適当にあいさつを交わしてとくに接点もなく時間が過ぎました。が、その知人がフェイスブックで自分の過去の経験をプロフィールに書くと、それを見ていた、旦那さんになる人が突然電話してきて「フェイスブック見たよ。きみすごいね」と言ってくれたのだそう。そして付き合うことになり、すぐ結婚を決めたのだそうです。その人いわく、「突然魂の部分でつながっちゃったんです」と言っていました。
 そしてもう一人は、特に期待もしていない、なんとも思っていなかった人とただ、乗り気じゃない2回目のデートに誘われたのがきっかけで付き合うことになった人もいます。外見は全く好みではなかったけれど、中身は自分とそっくりで価値観も一緒だった。男性も「この人で間違いない」と思ったので告白したのだそう。
 乗り気じゃないところからも出会いは発展するんですね。男女の出会いって面白いです。
 ペアーズ登録できない?入会方法はこちら

合コンでの出会い

前の彼女と別れて約1年過ぎたころ、知人よりそろそろ結婚しないのかということを言われた。彼女がいないから結婚は出来ないというと合コンを開いてもらった。3対3の合コンで盛り上がり3次会まで行きました。内気な私はとてもきれいな女性がいたのですが連絡先を聞けずにいました。知人がふざけた感じで連絡先交換したら?みたいに言ってくれて連絡先を交換しました。
その日は交換してそのまま帰宅しましたが気になり眠れず御礼のメールをしました。タイミングが同じ感じで女性からもメールが届き同じ時間にお互いに送信して最初会話がかみ合わなかった。(笑)
お互いそれで安心したのかすぐ寝てしまい、次の日の朝再度メールを送ると女性から返信がありました。次の日お互いに予定もなかったのでドライブに誘うと快くOKを頂き、ドライブをしながらデートをしました。
前日に初めて会った人と次の日にデートをしているという不思議な感じになりましたが会話も楽しく夜のご飯まで一緒に食べました。彼女との会話は非常に楽しく一緒にいるだけで笑顔になれます。それが現在の妻で、子供が生まれてからもであったころと変わらず毎日が楽しく笑顔でいられることに幸せに感じます。紹介してくれた知人に感謝ですね!!(笑)http://deai-recipe.net/